2024/07/14(日)「辰巳」ほか(7月第2週のレビュー)

 宮藤官九郎脚本のドラマ「新宿野戦病院」(フジ)で元軍医の日系アメリカ人を演じる小池栄子の英語が下手だという記事がネットニュースにありました。コメディーなんだから、らしく聞こえれば十分と思うんですが、ユーモアを解さない人は意外に多いようです。日活アクション映画などで片言の日本語をしゃべる怪しい中国人を演じていた藤村有弘や小沢昭一の昔からこういう役柄はありますね。

 「新宿野戦病院」を含む夏ドラマの中で大本命とみられるのは「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」(NHK、全10話)。昨年、BSプレミアムで放送されて評判を呼び、今月9日から地上波での放送が始まりました。演出は「勝手にふるえてろ」(2017年)などの大九明子監督。ただ、BS版より5分短いバージョンだそうです。大九監督が時間をかけて再編集したそうですが、5分ぐらい時間延長したらどうだ、NHKっ。

「辰巳」

 遠くで「レオン」(1994年、リュック・ベッソン監督)が反響している、と見ながら思いました。パンフレットを開いたら、小路紘史監督によるオマージュ作品18本が記載されていて、「レオン」もその1本でした。監督のコメントを引用しておきます。
 「マチルダとレオンの関係性は、辰巳と葵の関係性そのもの。廃工場で竜二が山岡を殺すシーンは、ゲイリー・オールドマン扮するスタンがマチルダ一家を襲撃するシーンの分数に近づけています。京子が死んだ後、葵が泣きながら辰巳と話すシーンも、レオンとマチルダが最初に話すシーンのセリフの構成などを参考にしました」
 血まみれの描写は北野武監督作品の影響もあるかと思ったら、それはオマージュ作品の番外編に挙げてありました。凶暴な沢村兄弟の名前(武と竜二)は北野武と映画「竜二」(1983年、川島透監督)からのものだそうです。もう1本の番外編は意外なことに「リング」(1998年、中田秀夫監督)。辰巳の車(コロナ エクシブ)は「リング」で松嶋菜々子が乗っていた車と同じなんだとか。エクシブ(初代は1989年発売)は当時のマーク2などと同じくスタイル優先の天上の低い車で、「間違いだらけのクルマ選び」の徳大寺有恒さんは後部座席の狭さを批判してました。

 ほかのオマージュ作品は「ブレイキング・バッド」「レヴェナント 蘇りし者」「ダークナイト」「イングロリアス・バスターズ」など。小路監督はノワール作品が相当に好きなようです。

 「辰巳」が良いのはそうした過去の作品を真似たツギハギのパッチワークで終わることなく、1本のハードなノワールとしてとても面白く仕上がっていることです。

 ヤクザの世界で死体解体の仕事を請け負っている辰巳(遠藤雄弥)は恋人・京子(龜田七海)の殺害現場に遭遇する。一緒にいた京子の妹・葵(森田想)を連れて命からがら逃げるが、復讐を誓う葵は京子殺害の犯人を追う。辰巳は勝ち気で生意気な葵と反目し合いながらも同行することになる、というストーリー。

 京子が殺されたのは組の金を仲間とともに横領していたからですが、唯一の肉親を殺された葵に、そんなことは関係ありません。復讐に燃える葵を辰巳はなだめながら、組の要求も聞きつつ、ぎりぎりの打開策を探っていくことになります。

 竜二役の倉本朋幸は「レオン」のゲイリー・オールドマンと同様に狂気と変態性を醸しています(倉本朋幸は舞台演出家とのこと)。葵役の森田想も「わたしの見ている世界が全て」(2023年、左近圭太郎監督)「朽ちないサクラ」(2024年、原廣利監督)と出演作が続いていて、好調さを感じさせます(といっても、撮影は5年前、19歳の時だそうです)。しかし、一番の好演はやはり主演の遠藤雄弥で、ニコリともしない顔つきが良く、ハードな役回りにリアリティーを持たせる演技だと思いました。

 唯一の小さな不満は辰巳と葵の関係性の変化があまり感じられないこと。なぜ辰巳は葵を守ることにしたのか、そういう部分の描写が足りないです。レオンとマチルダの関係がエモーショナルに十分に描かれていたように、そうした描写を補強すれば、小路監督の映画はさらに強度が増すのではないかと思います。

 「最強殺し屋伝説国岡 完全版」(2021年、阪元裕吾監督)などで主演している伊能昌幸がセリフなしアップなしのチョイ役で出てきます。せっかく出すならアクションの見せ場も欲しかったところですけどね。というか、藤原季節もチョイ役に近いのは5年前に撮られた作品だからなのでしょう。こういう優れた作品はできる限り早く公開できるようになれば、と思います。
▼観客8人(公開2日目の午後)1時間48分。

「キングダム 大将軍の帰還」

 シリーズ4作目。前作は圧倒的に強い趙の武神・ほう煖(ほうけん=吉川晃司)が現れ、信(山崎賢人)率いる飛信隊の面々がまるで歯が立たないシーンで終わりました。当然のことながら、今回はその続きで始まり、信は重傷を負い、仲間も次々にやられて敗走する姿が前半で描かれます。後半は趙の大軍勢に立ち向かう秦の王騎将軍(大沢たかお)率いる軍勢の戦闘シーンと、王騎将軍とほう煖の過去の因縁を描き、2人の対決がクライマックスとなります。今回のメインは王騎将軍です。

 エキストラも多数使っているようですが、大軍勢のCGは不満のない出来。ストーリー自体は簡単で、佐藤信介監督は見せる演出に徹しています。重要人物が死ぬので泣いてる人もいましたが、僕には情緒過剰、感傷過多のきらいがあるな、と思えました。もっと抑えた表現が望ましいです。

 楊端和(長澤まさみ)の見せ場がなかったのは残念。
▼観客25人ぐらい(公開初日の午前)2時間26分。

「罪深き少年たち」

 韓国で実際に起きた少年3人の冤罪事件を基にしたフィクション。こう称する作品で気になるのはどこまで事実かということですが、個人的に一番興味深かった主人公の刑事のキャラクターは完全なフィクションとのこと。うーん。

 この映画の一番の見どころは腐りきった警察上層部と検察に主人公たちが勝利していくところです。主人公の再捜査を徹底的に妨害し、左遷し、自分たちの誤りを隠蔽しようとする上層部と検察に主人公たちは粘り強く、行動していくんですが、主人公が架空の存在だと、そうした諸々もフィクションということになり、興味が削がれてしまいます。「事実を基にしたフィクション」とは断り書きを入れない方が良いレベルでした。

 主演は「ペパーミント・キャンディー」(1999年)「1987、ある闘いの真実」(2017年)などの名優ソル・ギョング。監督は「権力に告ぐ」(2019年)など実際の事件の映画化が多いチョン・ジヨン。
IMDb6.7(アメリカでは未公開)
▼観客10人(公開4日目の午後)2時間4分。

「かくしごと」

 認知症の父(奥田瑛二)を介護するため、田舎の実家に戻った絵本作家の千紗子(杏)は友人の久江(佐津川愛美)が運転する車で居酒屋から帰宅途中、少年(中須翔真)をはねてしまう。久江が飲酒運転だったことから、警察には届けず、少年を千紗子の家に連れて帰る。翌朝、目覚めた少年は記憶を失っていた。少年の体に虐待の痕を見つけた千紗子は少年を守るため自分を母親と偽り、少年と父親の3人で暮らし始める。

 原作(北國浩二「嘘」)があるだけに意外な事実が明らかになるラストはおっと思いましたが、そこまでの語り方がうまくありません。というか、主人公の行動に無理を感じました。監督・脚本は「生きてるだけで、愛。」の関根光才。
▼観客6人(公開6日目の午前)

「フェラーリ」

 イタリアの自動車メーカーの創始者エンツォ・フェラーリを描くマイケル・マン監督作品。フェラーリを演じるのはアダム・ドライバーですが、いつもの長髪を切り、銀髪に染めているので別人に見えました。

 物語はエンツォの長男ディーノが病死した翌年の1957年を描いています。妻ラウラ(ペネロペ・クルス)との仲はそのことで冷え切っていますが、エンツォは密かに愛人リナ(シャイリーン・ウッドリー)との間にピエロと名づけた男の子がいました。会社はフィアットやフォードからの買収工作があり、危機に陥っています。フェラーリはイタリア全土1000マイルを縦断する公道レース「ミッレミリア」での優勝に起死回生を懸けますが、沿道の観衆を巻き込んだ大事故が起きてしまいます。

 中盤のサーキットで車が飛ぶ事故が、クライマックスの大事故の伏線になっています。公道を猛スピードで走るレースは危険そのものですし、よくこんなレースを許可していたなと思いますが、それ以前に当時の安全装備ゼロの車には乗りたくないですね。

 マイケル・マン監督の演出は悪くありませんが、エンツォの私生活のことが多すぎる気がしました。人間フェラーリを描く意図は分かるんですけどね。
IMDb6.4、メタスコア73点、ロッテントマト72%。
▼観客5人(公開5日目の午後)

2024/07/07(日)「ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ」ほか(7月第1週のレビュー)

 ドラマ「アンナチュラル」(2018年、全10話)をようやく見ました。面白いですねえ。「MIU404」(2020年)もそうでしたが、脚本の野木亜紀子はミステリーに詳しい人なんだなとあらためて思いました。不自然死究明研究所(UDIラボ)の面々が遭遇する個別の事件を描きながら、全体の物語として連続殺人事件の謎を描いていく構成は「MIU404」同様に秀逸でした。最終話の最後の字幕で続編を示唆していましたが、6年たっても実現しないのは主演の石原さとみが結婚・出産したからですかね? 来月公開の「ラストマイル」を楽しみに待ちたいと思います。

「ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ」

 クリスマス休暇の予定がなくなり、寄宿制の名門校で寂しく過ごすことになった生徒と教師、料理長の交流を描くドラマ。アカデミー作品賞など5部門の候補となり、料理長役のダヴァイン・ジョイ・ランドルフが助演女優賞を受賞しました。アレクサンダー・ペイン監督作品。

 ボストン近郊にある寄宿制の名門バートン校に勤務する古代史の非常勤教師ハナム(ポール・ジアマッティ)は生真面目で融通が利かず、生徒たちからも校長や同僚たちからも疎まれていた。多くの生徒や教師が家族と過ごすクリスマス休暇で、ハナムは学校の寮に残る生徒5人の面倒を見ることを命じられる。生徒のうち4人はスキーに出かけたが、問題行動の多いアンガス(ドミニク・セッサ)は再婚した母親と連絡が取れず、行けなかった。ハナムとアンガス、ベトナム戦争で息子を亡くしたばかりの料理長メアリー(ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ)はクリスマスを一緒に過ごすことになる。

 3人それぞれの身の上が徐々に語られていき、絆を深めていくのがお約束とは言え、とても心温まる展開。「サイドウェイ」(2004年)でもペイン監督と組んだポール・ジアマッティはクライマックスでキャリアのベストと思える繊細な演技を見せています(アカデミー主演男優賞ノミネート)。ドミニク・セッサはカーネギー・メロン大学演劇学部に在籍する学生で、オーディションで選ばれたそうですが、初の映画とは思えない演技です。

 時代設定が1970年なので、映画は開巻から70年代映画のような作りになっています。70年代にはこういう小品の優れた作品がたくさんあったような気がしますね。
IMDb7.9、メタスコア82点、ロッテントマト97%。
▼観客8人(公開初日の午前)2時間13分。

「おいしい給食 Road to イカメシ」

 人気テレビドラマの劇場版第3弾。過去2作より良い出来だと思いました。このシリーズ、話が給食から離れると、面白くなくなりますが、今回はそんなに離れなかったのが良かったのでしょう。

 1作目の舞台は1984年の常節(とこぶし)中学校、2作目は1986年の黍名子(きびなご)中学校、今回は1989年の北海道・忍川(おしかわ)中学校。いずれも1980年代ですが、そんなに時代色が出ているわけではありません。給食をこよなく愛するが、他人には知られないようにしている(と思っている)主人公・甘利田幸男を演じる市原隼人のオーバーな演技がすべてで、この演技がなければ、このドラマは成立しなかったでしょう。「もはや市原隼人の代表作と言っても過言ではない」(甘利田先生風に)

 ドラマのシーズン4を楽しみにしています。ヒロインの比留川先生(大原優乃)が沖縄に異動してしまったので次作は沖縄舞台かなと思いましたが、ヒロインは毎回代わっているので沖縄の可能性はないかな。
▼観客1人(公開5日目の午後)1時間51分。

「言えない秘密」

 ジェイ・チョウ、グイ・ルンメイ主演の同名台湾映画(2007年)のリメイク。これが公開された時、「秘密が言えないのは当たり前、言える秘密なんてないからタイトルおかしいだろ」と思い、見る気になりませんでした。というわけでオリジナルを配信で今回始めて見ました。明らかにオリジナルの方が良い出来でした。

 ピアノ留学から帰国した主人公・湊人(京本大我)が旧講義棟の演奏室で神秘的なピアノを奏でる雪乃(古川琴音)と出会い、惹かれ合っていくラブストーリー。雪乃にはある秘密があり、やがて湊人の前から姿を消してしまう。

 グイ・ルンメイと同じように新作の古川琴音はピアノを弾く姿を見せています(たぶん音は違うのでは)が、京本大我は弾いている時の手が映されません。旧作で監督・原作・音楽・主演を務めたジェイ・チョウはピアノが得意なのでこういうピアノが重要なストーリーを考えたのでしょう。見事な演奏を披露していました。京本大我は撮影前に練習時間もなかったのでしょうが、その前にこの題材を初主演映画に選ばなくても良かったのにと思います。

 詳細は省きますが、ストーリーは終盤が異なります。最初に自分が見た人しか自分の姿が見えないという設定は新作では気になりましたが、旧作ではほとんど気になりませんでした。古い楽譜の扱いも新作ではおざなり、重要な登場人物も2人出てきません。総じて、細部への気配りが足りていないのが残念です。脚本は松田沙耶。監督は「身代わり忠臣蔵」の河合勇人。それにしても、なぜ今頃リメイクしたのか謎です。
▼観客6人(公開4日目の午後)1時間54分。

「九十歳。何がめでたい」

 佐藤愛子のエッセイ「九十歳。何がめでたい」「九十八歳。戦いやまず日は暮れず」を基にして前田哲監督が映画化。主演は実際に90歳の草笛光子で、俳優が自分の名前を冠して「生誕90年記念映画」と称する作品に出るのは初めて見ました。90歳以上で映画に主演する例は世界的に見てもかなり少ないと思います。

 映画はその草笛光子の元気さがまず驚きですが、作品の支えになっているのは編集者役の唐沢寿明。家庭を顧みなかったことから妻(木村多江)と娘(中島瑠菜)に突然、家を出られて戸惑いながら、90歳の作家との日々を好演しています。前田監督はユーモアあふれるハートウォーミングな作品に手堅くまとめています。脚本は「水は海に向かって流れる」(2023年)でも前田監督と組んだ大島里美。

 オダギリジョーや三谷幸喜、LiLiCo、石田ひかりらゲスト出演的な人が多くて楽しいです。
▼観客15人(公開13日目の午後)1時間39分。