2021/06/24(木)世界レベルのアクション「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」

 1年間殺しを禁じられた凄腕の殺し屋ファブルの活躍を描く2年ぶりの続編。アクションもドラマも前作を大きく上回る傑作に仕上がった。クライマックス、団地の足場を崩しながらのアクションは世界レベルに届くスケールだし、冒頭の猛スピードで暴走する車の上でのアクションも迫力とオリジナリティーに富んでいる。特徴的なのはアクション場面のスピード感で、主演の岡田准一だけでなく、木村文乃も動きが速い速い。笑いの場面も含めて映画の完成度は高く、ここ数年の邦画アクションでは間違いなくダントツの面白さだ。
「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」パンフレット

 4年前、6人の殺しを命じられたファブル(岡田准一)はワゴン車に乗った5人目を簡単に始末するが、男が倒れ伏して車は立体駐車場内を暴走。後部座席には涙ぐむ少女が乗っていた。ファブルは少女を助けようとするが、車は屋上から転落、間一髪、ファブルは少女を抱えて車から飛び降りる。2人は車の屋根に落ち、少女は気を失う。そして今、ボス(佐藤浩市)から殺しを禁じられたファブルは佐藤アキラと名乗り、相棒ヨウコ(木村文乃)と兄妹を装って普通の生活をしている。ある日、公園で車椅子の少女ヒナコ(平手友梨奈)と出会う。ヒナコは鉄棒を使い、立ち上がろうとして倒れる。それを見ていたファブルは少女に「必ず歩けるようになる」と話す。ヒナコは4年前に駐車場でファブルが救おうとした少女であり、あの時の事故で歩けなくなったらしい。今は子どもを守るNPO団体の代表・宇津帆(堤真一)と暮らしているが、宇津帆は影で殺人も厭わない危ないビジネスを行っていた。

 「1作目を超えなければ2作目を作る意味がない」というのは「ルパン三世 カリオストロの城」(1979年)公開時のコピーだが、今回、「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」のスタッフも「前作を超える」を合言葉にしたそうだ。アクション場面が凄いのは今回から加わったアクション監督横山誠の功績かと思ったら、キネマ旬報2021年2月上旬号(1858号)の特集を読むと、岡田准一のアクションにかける熱意によるところが大きいようだ。横山誠のインタビュー記事には「本作を圧倒的に特別なものにしたのは、やはりファブルを演じた岡田の素材だった」とある。
「ロケの許可が下りて仕込みが終わった後、まず僕らアクション部でリハーサルをするんですが、岡田さん、すでにその場にいましたからね。ジャージー姿で(笑)。ふつう役者さんは本番の日に初めて現場に来るものですけど、岡田さんがリハに来てくれたのは1回や2回じゃないし、必ずそこでプラスアルファのアイデアをどんどん出してくれる。武術に関しては僕らなんかより詳しいうえに、誰よりもうまいですしね」
 岡田准一がアクションの人と認識されたのは「SP 野望篇」(2010年)「SP 革命篇」(2011年)の2部作からだろうが、それ以前の「フライ、ダディ、フライ」(2005年)でも体の動きは人並み外れていたなと今にして思う。デビューしてから25年、岡田准一は孤独に黙々とアクションに関する勉強や準備をしてきたのだという。「主演をメインとした人物の動きや技で見せていってそこに美を求めるのが東洋のアクションの構成です。対して、ストーリーに沿った登場人物の心情を、その人物に与える負荷や場の動き、転がし方などを画(え)で見せつつ表現していくのが西洋のアクション」という指摘ができるほど、アクションに精通しているのだ。

 立体的に構された団地のアクションを見て、僕は「プロジェクトA2 史上最大の標的」(1987年)を思い浮かべた。当時のジャッキー・チェンはハロルド・ロイドやバスター・キートンなどサイレント映画のアクションに強い影響を受けていた。岡田准一がジャッキー・チェンをどう評価しているかは知らないが、この映画でやったことはジャッキーのアクションをより洗練された形で見せていることにほかならない。

 ドラマパートに関しては元アイドルの域を超えた平手友梨奈の好演が目立ち、佐藤二朗のおかしさを含めてエンタテインメントとしてよくまとまっている。こういう破綻のないアクション映画が見たかったのだ。江口カン監督、横山誠アクション監督、岡田准一主演でぜひぜひ続きを見せてほしいと思う。

2021/06/06(日)細やかな描写が欲しい「るろうに剣心 最終章 The Beginning」

 主人公の緋村剣心(佐藤健)が「不殺(ころさず)の誓い」をして逆刃刀(さかばとう)を持つ契機となった出来事を描く「追憶編」の映画化で、シリーズ第5作。“人斬り抜刀斎”と呼ばれた幕末の剣心を描く「始まりの物語」なので、「最終章」はおかしいのだが、このスタッフ・キャストでの映画版はこれが最後という意味だろう。映画本編のタイトル(最後に出る)に「最終章」の文字はない(「The Final」の時にもなかった)。

 毎回、「アクションは良い、ドラマが弱い」と言われてきたシリーズだが、今回はドラマがメインになる。それではドラマは良くなったのかというと、やっぱり弱い。心の動きを表現する細やかな描写とエピソードが必要な内容なのに、それがないのだ。例えば、山田洋次「たそがれ清兵衛」のような在り方が望ましいが、大友啓史監督、そういう部分は得意ではないのだろう。
「るろうに剣心 最終章 The Beginning」パンフレット

 京都所司代・見廻組の清里明良(窪田正孝)を斬った際に左頬に切り傷を負った剣心はある夜、酒場で一人の女を酔っ払いから助ける。店の外の暗がりで襲ってきた何者かを剣心は斬り捨てるが、礼を言おうと追ってきた女がそれ見ていた。「あなたは本当に血の雨を降らすのですね」。斬られた男の血を浴びた女はそう言い、気を失う。剣心は長州藩士たちが泊まる宿に女を連れ帰る。女の名前は雪代巴(有村架純)。「帰りを待つ家族はいない」と言う巴は翌日から、その宿で働く。京都では新選組が長州藩の謀反の動きを知り、藩士が集まった池田屋を襲撃する。続く「禁門の変」でも敗北した長州藩の桂小五郎(高橋一生)や高杉晋作(安藤政信)らはしばらく身を隠し、反撃の時を待つことを決めた。剣心は巴と一緒に農村に行き、畑を耕して暮らすことになる。穏やかな暮らしの中、2人の間には徐々に愛が芽生え始める。

 この農村での描写が映画のキモになるはずが、そうなっていない。巴は剣心に殺された清里明良のいいなづけで、復讐のため剣心の弱みを握るために幕府直属の暗殺集団「闇乃武」に命じられて剣心に接近した。その巴が復讐心を捨て、剣心に惹かれるようになった直接的なきっかけを描かないと、説得力に欠けるのだ。剣心は終盤まで巴の正体を知らなかったという設定だが、これも最初から知っていた設定にした方がドラマに深みが出たのではないかと思う。剣心の十字傷の理由もその方がしっくり来る。

 ただし、巴を演じる有村架純は抜群の良さだ。薄幸で不運な巴の悲しさを漂わせ、この映画を強く批判する人でも有村架純のたたずまいの素晴らしさには矛を収めるだろう。「花束みたいな恋をした」でも感じたが、有村架純、絶好調と言うほかない。

 映画はラスト、シリーズ第1作(2012年)の「鳥羽・伏見の戦い」の場面につながっていく(この映画より後の時代の話なのに、斎藤一を演じる江口洋介が今より若いのは仕方がない)。シリーズは9年かけて円環を閉じた。アクション映画好きとしてはこのシリーズ、少しぐらいドラマが弱くても、時代劇アクションに新たな地平を切り開いた功績を積極的に評価したい。かつての日本映画なら「新」とか「続」とか付けてシリーズを続けただろうが、もうそんな時代ではない。大友啓史、佐藤健には別のアクション映画での復活を期待したいところだ。

2021/05/02(日)人を幸福にする傑作「街の上で」

 城定イハ(中田青渚)は自分の名字を説明するのに城定秀夫監督を例に出す(イハという変わった名前の説明はない。今泉力哉監督によると、スマッシュ・パンプキンズのギタリスト、ジェームス・イハから取ったそうだ)。城定秀夫は昨年7月に公開され、好評を集めた「アルプススタンドのはしの方」の監督だが、「街の上で」が当初予定の昨年5月1日に公開されていたら、「城定秀夫って誰?」状態の観客が多かっただろうし、いくら自主映画を撮っているスタッフ(大学生)であるにしても女の子が城定秀夫の名前を出すのはちょっと考えにくい。
「街の上で」パンフレット

 いや、もちろん城定監督はコアな日本映画ファンの間では以前から有名な監督ではあったのだけれど、「アルプススタンド…」以前だったら、名字の例として一般には通用しなかっただろう。主人公の若葉竜也とそれに絡む4人の女優が公開延期の1年の間に大きく成長して、公開延期が結果的に映画に客を呼ぶ力になったと今泉監督は公開初日の舞台あいさつで話したが、それは城定という名字にも言えることなのだった。何が言いたいかと言えば、この映画、公開延期が少しもマイナスにはならず、プラスになったということだ。本当に優れた映画は1年や2年、5年や10年寝かされても腐ることはない。

 下北沢に住み、古着屋で働く主人公・荒川青(若葉竜也)とその周辺の人たちの日常をユーモラスに描くという映画の作りはジム・ジャームッシュを思わせる。ジャームッシュと違うのは女優が極めて魅力的に撮られていることだ。映画撮影の打ち上げの飲み会で知り合ったその夜に、イハのアパートでイハと青はそれぞれの恋愛経験を話し込む。映画というのはカットを割るものだから、僕は長回しや長いカットをあまり評価しない。だが、この場面の固定カメラによる長いワンカット撮影はとても効果を上げていると思う。2人の話は微笑ましくておかしくて楽しい。話している本人たちの感情が観客に伝わってくるようだ。

 青は初めての恋人の川瀬雪(穂志もえか)に浮気された上に「別れたい」と言われて一方的にふられたばかりだったし、笑顔がキュートで関西弁のイハは過去に3人の男と付き合ったが、今はフリー。2人の間に恋が芽生えるのかと思わせるいい雰囲気で、この雰囲気を断ち切りたくないと思わせるのだ。

 古着屋にTシャツを買いに来たカップルのシーンなど、映画にはクスっと笑えるシーンが散りばめられているが、このアパートのシーンと登場人物の多くがそろい、男女関係の誤解と思いやりが爆笑を生むクライマックスはとても良く、映画の好感度を大いに高めている。脚本は今泉監督と漫画家の大橋裕之の共同。監督はこのクライマックスの削除も考えたが、大橋裕之が止めたそうだ。残して大正解で、こんなに笑ったシーンは最近ない。

 青に卒業制作の映画への出演を依頼する大学生で監督の高橋町子を演じるのは昨年7本の映画に出演し、成長著しい萩原みのり。古書店の店員・田辺冬子役に古川琴音。今泉監督は4人の女優にそれぞれの見せ場を作り、魅力を引き出している。「パンとバスと2度目のハツコイ」の深川麻衣や「mellow」の岡崎紗絵や「his」の松本若菜など監督の過去の映画にもこれは言えることで、女優はみんな今泉監督の映画に出たくなるのではないか。今泉力哉の映画は今、出演者と観客の双方を幸福にする映画になっている。

2021/04/24(土)構成が疑問の「るろうに剣心 最終章 The Final」

 「死ねない。死ぬわけにはいかない」

 京都所司代・見廻組の清里明良(窪田正孝)は、“人斬り抜刀斎”の異名を持つ緋村剣心(佐藤健)に斬られた後、必死の抵抗をする。雪代巴との祝言が控えていたからだ。清里は剣心の頬に切り傷を与えるが、とどめを刺されて絶命する。その壮絶な死に方と翌日、巴が清里の亡骸に泣き崩れる姿を見て、剣心は人斬りの仕事に疑問を覚える。「るろうに剣心」シリーズ第1作(2012年)で、剣心の回想として描かれたのが以上のエピソードだ。剣心がこの時受けた傷は縦1本。これがなぜ十字傷になったのかを描くのが今回の最終章2部作、「The Final」と「The Beginning」になる。
「るろうに剣心 最終章 The Final」パンフレット
 しかし「The Final」を見ただけではなぜ十字傷になったのかよく分からない。いや、巴がつけた傷であることは分かったが、経緯の説明が不足しているのだ。剣心が巴を斬殺するシーンもなぜこうなったのかが分からない。原作は巴の弟・縁(新田真剣佑)が剣心への復讐を図る「人誅(じんちゅう)編」とその中の「追憶編」に分かれているそうだ。これはうなずける構成で、要するに「追憶編」は回想なのである。「追憶編」の内容は次作で詳しく描くそうなので、今回は簡単に済ませたらしい。剣心に姉を殺された縁の復讐の動機が分かればいいという判断だろうが、これが「ドラマが希薄」という印象につながっている。

 アクションはいいけれども、ドラマが弱いというレビューが散見するのはそのためだ。話の時系列からすれば、「The Beginning」を先に見ておいた方がいいのだが、公開をあえて逆の順番にしたことに奇をてらう以上の理由があるとは思えない。撮影は時系列に沿って行ったそうだ。役者の演技を考えれば、過去を演じた上で現在を演じた方が感情を込めやすいから当然の措置と言えるだろう。だからこそこの2部作の構成には疑問を持たざるを得ない。脚本は監督の大友啓史が書いている。だれか、うまい脚本家の協力を得て、構成を練った方が良かったと思う。

 第1作の公開から9年だが、映画の中では1年後の明治12年(1879年)の東京が舞台。剣心たちがよく行く牛鍋屋「赤べこ」を何者かが砲撃し、町が炎上する。犯人は剣心に復讐心を燃やし、今は上海マフィアの頭目になった雪代縁の一味だった。薫(武井咲)のいる神谷道場や警察署長の自宅など剣心の仲間たちは次々に襲われる。そして気球を使った東京への総攻撃が始まる。

 アクション監督は今回も谷垣健治。佐藤健の走る、跳ぶ、斬るのアクションはスピードとダイナミズムにあふれる。新田真剣佑の筋肉質の体と動きの速さは見事だし、土屋太鳳に思う存分アクションをやらせているのもいい。日本のアクション映画として最高峰の位置をキープしているのは間違いないだろう。

 青木崇高や蒼井優、江口洋介らおなじみの俳優が集結したのも良かった。四乃森蒼紫役で伊勢谷友介が登場したのは意外だったが、撮影は2018年から始まったそうなので昨年秋の逮捕時点で撮影済みだったのだろうし、何も問題はないと思う。「The Beginning」ではこうしたキャストは出てこないだろう。ドラマ性を重視したという内容を楽しみに待ちたい。
 

2021/04/17(土)「彼女」と10年前のレシート

 バーのカウンターに1人でいた男にあとから来た女が酒を奢る。男の家に連れて行ってと頼んだ女はベッドで全裸になり、上に乗った男の首にいきなりメスを突き刺す。なんだこの女、サイコパスか。と思ったら、男は女が高校時代に思いを寄せた女の夫で、妻に異常な暴力を振るっていた。男を殺した女は同性愛者で、思いを寄せた女の全身あざだらけの無残な姿を見て男を殺すことを決意したのだ。

 中村珍(中村キヨ)の原作コミック「羣青」(ぐんじょう)を「彼女の人生は間違いじゃない」の廣木隆一が監督したNetflixオリジナル作品。殺した女・永澤レイを水原希子、頼んだ女・篠田七恵をさとうほなみ(「ゲスの極み乙女。」のドラムス担当ほな・いこか)が演じる。2人の女優の演技の熱量がただ事ではなく、印象的なショットを織り交ぜた廣木監督の的確な演出と相俟って見応えのある作品に仕上がった。



 高校時代、レイは陸上部の七恵に引かれながらも遠くから見るだけだったが、ある日、一緒に帰ることになる。スポーツショップに立ち寄った七恵はランニングシューズを万引き。店員に追われ、走って逃げる途中で転倒する。追いついたレイは店員に代金を渡して警察への届け出を止めたが、七恵は足にけがをして陸上部を退部する。同時に家が貧しく授業料が払えないため高校も辞めることになる。裕福な家のレイは七恵の学費を払うことで退学を思いとどまらせる。七恵は高校卒業後に金持ちの男と結婚し、レイをカフェに呼び出して借金の300万円を返す。「もう会うことはないから」。そう言った七恵はカフェの2人分の代金1100円を払おうとするレイを止め、割り勘分だけをもらう。

 それから10年。整形外科医として働き、別の女(真木よう子)と同棲しているレイに七恵から「会いたい」と電話がかかってくる。そして七恵の夫がひどいDV男であることを知るのだ。

 「これからどうしたい? 一緒に死ぬでもいいし、警察に行くでもいいよ」。事件後、レイと七恵はBMWの赤いオープンカーで逃走する。女2人がオープンカーで逃走と来れば、「テルマ&ルイーズ」(1991年)を想起せずにはいられない。「テルマ&ルイーズ」同様、この映画も女同士が連帯するシスターフッド映画なのだと思う(水原希子にとっては「あのこは貴族」に続いてのシスターフッド映画だ)。

 レイはレズビアンだが、七恵はそうではない。原作には七恵がレイのことを「バカなレズ女」とつぶやく場面があるが、映画ではレイが自分を卑下してそう言う。この変更は重要だ。七恵は自分を好きなのをいいことに、レイを利用したわけでない。映画の終盤、レイは七恵のタバコケースの中にレシートと550円があるのを見つける。それは10年前、2人が最後に会ったカフェのレシートとレイが渡した割り勘のお金だった。七恵はレイとの思い出を大切にしていたのだ。

 吉川菜美の脚本はごちゃごちゃした印象の原作をすっきりとまとめているほか、男っぽいキャラを原作とは逆のレイに割り当てた。見事といって良い脚色だと思う。真木よう子と母親役の烏丸せつこが同性愛について語る場面など本筋とはあまり関係ないのだが、同性愛の娘を深く理解する母親がいい感じで魅力的な場面になっている。水原希子とさとうほなみには最大限の拍手を送りたい。高校時代の2人を演じた南沙良と植村友結も好演している。

 あんな激しい暴力に10年も耐えているのはおかしいとか、普通に警察に届けたり、離婚すれば殺さなくてもすむことではないかという原作由来の疑問点はあるが、女2人の関係の切実さは原作を大きく上回っていて良い出来だと思う。「待っているから」と叫ばずにはいられなかった七恵の姿には胸が熱くなる。

 Filmarksの評価は3.3。Netflixなので当然、世界に配信されていて英語タイトルは“Ride or Die”となっている。IMDbの評価は5.5、メタスコアは64点と低いが、ロッテントマトは71%(ユーザー評価67%)とまずまずだった。